iPhone7sのバックアップについて

category01

iPhone7sは外部メモリがありません。
AndroidではSDカードが利用できるのでアプリや各種コンテンツをSDカードへコピーしてバックアップする事ができます。これに対してiPhone7sは早くからクラウドシステムの利用が進んでいます。
iPhone7sに標準搭載されているクラウドシステムはアップル社のicloudです。
icloudは無料で使える枠が用意されており、音楽や動画、写真、アプリのセーブデータまで幅広く、自動で保存してくれます。

iphone7sの価格の情報はすぐに役立ちます。

ただし、容量は数GBしかないので人によってはまったく足りないという方も多いようです。
また、iPhone7s自体のバックアップも取れるのですが容量の問題で取れないという方も多いようです。

その場合にはPCやマックにitunesと呼ばれるアップル社のソフトをインストールすると良いです。


itunesではiPhone7sのバックアップをとってくれる機能があります。


icloudと違ってPCやマックのローカルハードディスクは容量が大きいことが多いですから問題なくバックアップが取れます。

Girls Channelサービスの評価に関する耳より情報を公開しています。

この時のバックアップは本体のすべてのコンテンツを含みますので動画やアプリ、音楽ファイルすべてをとってくれるのでとても便利です。



住所録等も含めてバックアップが行なわれるので機種変をしたり、故障で本体交換になった場合でも元の状態にすぐに戻してくれます。

社会が気になる方

category02

iPhone7sを使っていますと、バッテリーの事が気になるユーザーは多いです。バッテリーの消費をアプリ毎に確認出来れば、不要なアプリを削除したり、設定を見直したりする事によって、バッテリーを最小限に抑える事が出来るようになります。...

subpage

知っておきたい情報

category02

iPhone7sは世界的に愛用されているスマートフォンですが、国内では、大手キャリアで購入出来たり、SIMフリー版が購入出来たりします。大手キャリアの保証サービスを利用したい場合には、大手キャリアで契約をして、iPhone7sを購入した方が良いでしょう。...

subpage

社会の秘密

category03

iPhone7sなどのスマートフォンを使う利点として、いつでもどこでも電子メールを受け取る事が出来るというものがあります。大手キャリアで回線契約をして端末を購入した場合、電子メールはキャリアメールがデフォルトで使えるようになっています。...

subpage

わかりやすい情報

category04

ガラパゴス化が激しいと言われる日本の携帯電話、実際にその使いづらさから、スマートフォンに乗り換える人々が現れました。メールや電話だけであれば、いわゆるガラケーで十分です。...

subpage